ウガンダ旅行のおすすめ


3
画像参照:Jake Stimpson

ウガンダは、アフリカの中央部にある、日本の本州とほぼ同じ大きさの内陸国となります。赤道直下の国なのですが、平均標高が1200m前後ありますので、気候は温暖です。雨が多く緑豊かな大地が広がり、多くの国立公園が存在しています。国立公園のうちのいくつかは、世界遺産に登録されており、旅行の際には、是非足を運びたい観光地です。その中でもマウンテンゴリラやチンパンジーに会うことができる、「ブウィンディ国立公園」をおすすめします。

また、ウガンダ南部には、世界第2位の大きさを持つビクトリア湖が存在しています。ボートで釣りを楽しんだり、島を訪れたりすることができます。ウガンダ旅行のツアーには、周辺諸国を巡る周遊ツアーもあるのですが、ウガンダの豊かな自然をじっくり楽しむことができる移動の少ない1国滞在ツアーをおすすめします。世界遺産のブウィンディ国立公園のほかにも、ルウェンゾリ国立公園やマーチソン・フォールズ国立公園、クイーンエリザベス国立公園など、豊かな自然の中で暮らす野生動物も観察してみましょう。ウガンダは小さい国ですが、国立公園が多いという特徴がある国です。一生の思い出に残る、雄大な大自然を堪能しましょう。
ウガンダを目いっぱい観光されたい人には、終日観光つきツアーが良いでしょう。また、食事も旅行の楽しみのひとつとなります。おすすめは、マトケやウガリなど、バナナを使用した名物料理となります。