ウガンダでの旅行中のごはんの種類


2
画像参照:CIAT

海外旅行でウガンダに行く際に気になる事といえば現地のごはんではないでしょうか。アフリカ大陸の国「ウガンダ」ではどのようなごはんを食べる事が出来るのでしょう。

どうやらウガンダの人々は食事に対して保守的なようだ。日々のメニューは余り変化が無いという。
ウガンダの主食はかぼちゃや米、キャッサバなどで主食とスープで構成されるメニューが一般的な
ウガンダのごはん。辛みが無い味付けのようで日本人でもすんなりと食べる事が出来るのではないでしょうか。
ウガンダで日常的に食されているウガンダの代表的料理はウガリといった固粥(トウモロコシ粉から)がある。ウガリはよく「味のないおかゆ」のようといわれるがアフリカ伝統の料理。味がほとんど無いので
おかずと共に食する事が一般的です。

またウガンダではバナナ料理も盛ん。マトケという料理はバナナを茹で、つぶしたもの。味はじゃがいもにそっくりなようで食べやすそうです。白い塊がウガリ、黄色い塊がマトケというように、ウガンダを代表する料理ですので是非ウガンダに行った際には挑戦してみていただきたい。

ウガンダ首都のカンパラではレストランも充実しています。日本食レストランやインドなど各国の料理を提供するレストランが多数あるので比較的食事に困るといった事は無いのではないでしょうか。

もしウガンダでごはんを自炊をするおつもりなら、現地の日本食材は大変高額なので食材やスパイスなど持ち込んだ方が良いかもしれません。